中学生が改善した事例

  • 精  神  症  状人目が気になる、緊張すると吐き気がする
  • 身  体  症  状腹痛
  • できないこと

    緊張して電車に乗れない、友達と外食ができない

  • 服    薬なし
  • 回    数90分×8回。
  • 期    間9ヶ月
  • 方    法対面

※画像はイメージです。

こんにちは、緊張されているとお母さんからうかがっていますが、リラックスしてくださいね。って私がなんだか緊張してきましたが(笑)

はい(笑)

では、まず、どんな症状で悩んでいらっしゃたか、お聞かせいただけますか?

小さい頃から気持ち悪くなったら嫌だなって思うことがあって。嘔吐恐怖症で、お友達と一緒に外食ができない、電車に乗れなくて、困っていました。

そうだったのですね、いつ頃に発症したのでしょう。

中学3年生の時です。学校にもお医者さんからのアドバイスで、行かない方がいいと言われ、行けなくて残念でした。

色々とつらかったのですね。お友達には話しましたか?

すごく中の良い友人2-3人に話しました。いま、多いよねって言ってくれて、配慮をしてくれて、話してよかったな(絶対に話すべきだな)って思いました。

自分の症状を打ち明けるのは、怖くなかったですか??

本当に信頼できる友達だったので、怖くなかったです。

今は、どんな生活を送っていますか?

嘔吐恐怖は改善されて、今では電車は普通に乗れるようになって、お友達との外食も楽しくできるようになりました。たまに、ちょっとしんどくなる時もあるけど、自分なりの対処法を身につけたので、乗り越えています。

自分なりの対処法とは?

1つは、鎖骨の下のところを、手でぐりぐりとすることです。(※補足:圧痛領域といって、不安感などに効くツボと言われています。)もう1つは、フリスクを食べることで、すーっとして乗り越えられます。

自分なりの対処法を身につけることで、乗り越えてきたんですね。最初お困りだった、人目が気になる、という症状はいかがですか?

そうですね、今は、人目があまり気にならなくなりました。演劇部に入って、演劇をしています。

頑張っていますね。そこまで回復されてよかったですね。カウンセリングを受けるにあたって心配なことはありませんでしたか?

先生が女性ということもあって、特に心配なことはありませんでした。

カウンセリングは初めてとのことでしたが、1回目のカウンセリングを受けて、いかがでしたか?

症状を口にして、わかってくれる人に話すことで、ほっとしました。自分が理解されたことがうれしかったです。

そうですね、理解してもらえる人がいる、ということが安心につながりますね。なぜ、改善できたと思いますか?

アドバイスを受けたりしたら、積極的に取り入れることができたからかなって思います。高校生なので、話も理解できるし、自分で言うのも何ですか、素直なのかなと(笑)

先生とお話するのは緊張しませんでしたか?

話しやすかったし、話をすごく丁寧に聞いてくれて。正面から向き合ってくれてる、というのがすごく伝わってきました。

症状が出て、ご家族の方は、どんな反応だったでしょう?

そうですね、最初、自分の症状を話しても、なかなか理解してもらえなくて、、最初は、私にとってはできないことをやってみたら?って言われて、母とは喧嘩になったりもしました。でも、最初は喧嘩もしたけど、だんだんと自分のことを理解してくれるようになって。お母さんが受け入れてくれたおかげで、ほっとできたり、安心できたりしました。お母さんのサポートがなかったら、ここまで回復していなかったし、お父さんも車で毎日学校に送ってくれました。家族みんなが支えてくれたおかげで、よくなったと言っても過言ではないと思います。

今後、やりたいことは?

留学をしたいです。まずは、今年にロサンゼルスに1週間旅行に行くことになっているので、それが楽しみです。

将来の夢は?

食品関係の仕事に就きたいと思っています。嘔吐恐怖だったのに不思議ですよね(笑)栄養食品の企画なんかをしてみたいと思っています。

私(代表の鈴木)はアレルギー持ちなので、オーガニックな栄養食品を作ってください。

是非(笑)

今、同じ病気(不安・パニック、嘔吐恐怖など)の人に声をかけるとしたら、なんて声をかけますか?

今はすごく辛いと思うけど、絶対に治る病気だから、周りの助けとかも借りながら、一歩一歩頑張ろう。って声をかけると思います。

今日聞いたお話をホームページやメルマガで使わせてもらってもいいですか?

多くの人のためになるなら、是非そうしてほしいです。

今日は貴重なお話を聞かせて頂いてありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。